本文へスキップ
> GEMSTONES LIST > Amethyst アメジスト

Amethyst アメジスト



和名:紫水晶
硬度:7.0
色:紫、ピンク、グリーン

2月の誕生石

名前の通り、紫色の水晶です。
淡いラベンダー色から、濃い紫まで。
また、淡いグリーンカラーもあります。

ヨーロッパでは、2万5千年前の遺跡から
アメジストの加工品が発見されている、歴史のある天然石です。

まれにシトリン(黄水晶)が同じ結晶の中に生成することがあり、
それをアメトリンと呼びます。

アメジストにまつわるお話



アメジストにまつわるギリシャ神話は、諸説あるのですが
その中の一つをご紹介します。


ディオニューソスは、豊穣とブドウ酒と酩酊(めいてい)の神です。

ある日、ディオニューソスは神に酒乱を咎められ、
その八つ当たりで、自らの臣下である猛獣をけしかけ、
誰でもいいので襲わせようとします。

そこへ、月の女神ダイアナの神殿へ向かうニンフ(妖精)のアメジストが通りかかります。

アメジストの危機に気づいた女神ダイアナは、彼女を助けようとします。
しかしもうそこは、猛獣に襲われる寸前。
間一髪のところで、アメジストを水晶に変えてしまいました。
救う方法は、それしかなかったのです。

正気に戻ったディオニソスは水晶に変わったアメジストの姿をみてひどく悔い、
持っていた葡萄酒を水晶に注いだところ、みるみる透き通った美しい紫の宝石に変わりました。

その紫の宝石が、アメジストです。

coRRier.より

紫色というと、お洋服などでもさほど出番の多いカラー
ではないと思いますが、天然石となると
このアメジストはとても使いやすいお色です。

堂々と主役級の存在感がありながら、
相性の良い色石が多く、名脇役にもなれる天然石です。

右の画像のように、グリーン系とも相性が良いですし、
赤、ピンク系とも相性が良いです。

お色は、濃すぎないラベンダーカラーが
実際にお着けいただいた際に、輝きがきれいです。



アメジストは、インクルージョンが少ない宝石質の石も
めずらしくありません。

うっとりするほど、美しく輝く石もありますので、
coRRier.では、そのようなアメジストを選んでいます。

バナースペース